使用するときの注意は? | 安心して犬や猫を守ることができるフロントライン!

安心して犬や猫を守ることができるフロントライン!

「安心して犬や猫を守ることができるフロントライン!」のフォトイメージです。

使用するときの注意は?

「使用するときの注意は?」のフォトイメージです。

ノミやダニの駆除医薬品として安全性・即効性・持続性があり世界中から人気のある医薬品が、フロントラインです。世界中で人気のある医薬品んであってもいくつか注意しなくてはいけないこともあります。フロントラインは、安全だと言われていますが、犬には犬用の猫には猫用のフロントラインがあります。犬用を犬以外の動物に使用することは止めましょう。特にウサギに使用するのは危険なので使用しないようにしましょう。基本的な、何かを食べたり飲みながら投与しないことや、喫煙をしながら投与しないなどの注意点もあります。注意点をしっかり学んで適切に投与するようにしましょう。
安全と言われているような医薬品でも副作用を引き起こす可能性はあります。注意事項を守って副作用をなるべき引き起こさないようにすることが必要です。
もし、動物が医薬品を舐めてしまったら、アルコール中毒の症状を引き起こす可能性があります。嘔吐や食欲不振などの症状が現われた場合には、病院へ連れて行くようにしましょう。動物は自分の体を舐める習性がありますが、医薬品の液体が乾くまでは舐めないように注意してみてあげましょう。
フロントラインを、他の殺虫剤と一緒に使用してしまった場合、副作用を引き起こす可能性があります。痒みや発赤、皮膚炎や脱毛など皮膚に明らかに異常な症状が現われた場合には注意をしましょう。少し経過しても症状が続いたり、悪化しているようであれば、病院へ連れて行ってあげましょう。
猫に使用する場合には、12週齢未満の猫には使用しないようにしなくてはいけません。安全性が高いとはいえ、まだ耐性のない子に医薬品を与えるのは大変危険です。ノミやダニを駆除したいという気持ちは分かりますが、副作用を引き起こさないようにするためにも、子猫には与えないようにしましょう。